読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーちゃんのさんぽ

ポメラニアンの日記

お尻に髪の毛が…

昨日のことです。

 

リビングで遊んでいると、とことことケージへ。

ケージ内のトイレシートの上でふんばるマーちゃん。

ちゃんとトイレシートで、お利口さん。

 

でも、ポトンと、う〇ちが落ちずにケージから出てきて、

「あれっ、まだお尻にぶら下がってる」と

すぐに異変に気付いたマーちゃんは、

ケージの外で再びふんばる。

 

カーペットの上でしたら大変。

慌てて、かーちゃんが近づくと、マーちゃんは、

逃げるようにう〇ちをぶら下げたまま、

すぐ近くにあったマーちゃん用ベッドへ。

 

ベッドにう〇ちが、ころりん。

マーちゃんのお尻にう〇ちが、ぶらりん。

 

後片付けを終え、しばらくすると、

マーちゃんのお尻に一本の髪の毛がついているのを発見。

つまんで引っ張っても、取れない。

抜け毛が激しいお尻の毛にからまってるのかな。

うんとこしょ、どっこいしょ。

とうとう髪の毛がブチっと切れてしまいました。

 

髪の毛の出所を確認しなかったけれど、もしかして…。

嫌な予感は的中。

かーちゃん、髪の毛をつまんだ指先をくんくん。ほのかに匂う。

そう、ただお尻についていると思っていた髪の毛は、

マーちゃんの口から入り、マーちゃんの体内の

大冒険を終えた髪の毛だったのです。

まさか、そんな壮絶な体験をしてきた髪の毛だったとは。

これで、う〇ちの切れが悪かった謎も解けました。

 

も~う、拾い食いばかりしてるからですよ、マーちゃん。

ズボラかーちゃんもお掃除がんばらなくっちゃね。

 

生後2~3ヶ月ごろのマーちゃんです。↓

f:id:tsuri_thanks:20170310111308j:plain

 

 

 

広告を非表示にする